【せどりノウハウ】「ロケスマ」で店舗仕入れの下調べをしよう!使い方とメリットを解説【転売】

ネット

前の記事はこちら

今回は地図アプリ、「ロケスマ」を紹介します。

ロケスマはお店探しの地図アプリです。
地図アプリでは世界最強のグーグルマップがありますが、ロケスマには別のよさがあります。

・リサイクルショップや家電など、ジャンルでお店を探したい
・駐車場はどれくらいあるんだろう?
・お店の営業時間はいつまでかな?

ロケスマはそんな「かゆいところに手が届く」サービスなのです。

もちろん無料!全部タダです。

それでは見ていきましょう!

ロケスマとは?

(画像クリックで公式サイトに飛びます)

ロケスマは地図上にアイコンでお店を表示してくれます。
課金などは一切必要なし!

こんな風にアイコンで表示されますので一目で分かります。
「まずここに行って、次はあっちの店で…」とせどりのイメージがしやすいですね。

ブラウザ版とアプリ版の両方で使えます。どちらも無料です。

ロケスマ
ロケスマ
開発元:Digital Advantage Corp.
無料

posted withアプリーチ

ロケスマは地図上にこんな情報を表示してくれます。

・お店の場所
・営業時間
・駐車場の台数
・公式ページへのリンク

「それって、グーグルマップでもできるよね?」と思ったあなた。

その通り。

でも、ロケスマの方が楽に検索できるんです!
クリックやタップの手間が少なく、「店を探す」ということに特化したつくりになっています。

またロケスマはグーグルマップがベースになっていて非常に使いやすいです。
もちろん連携して経路案内もできるので、とっても便利です。

ロケスマの使い方

試しにブックオフを探してみましょう。

ロケスマ(公式ページ)

トップページはこんな感じになっています。
右側に赤枠で囲ってある「リサイクルショップ」をクリック。

そうすると下の方の一覧に飛ぶことができます。
次に左上の「ブックオフ」のアイコンをクリックしましょう。

このようにまとめて表示されます。
アイコンをクリックすると、公式ページの店舗情報にアクセスできます

これなら下調べの際、店を取りこぼしたりすることがありません。
営業時間も確認できて一石二鳥ですね。

・駐車場はどれくらいあるんだろ?
・まだ営業しているお店はどこかな?

調べるのが面倒なことでも、ロケスマなら簡単に分かります。
店舗せどりに慣れてきて、せどり遠征をする時にも役立つでしょう!

僕も店舗仕入れではいつもお世話になっています。

ロケスマのデメリット

見やすい!使いやすい!完全無料!
そんなロケスマにもデメリットがあります。

1:ローカルチェーンが登録されていない

ローカルチェーンが登録されていないことが多いです。
地元ではテレビCMで有名なローカルチェーンでも、検索に引っかからないことがよくありました。

「あのお店、さっきまで近くにいたのに!」なんてこともしばしば。
特にローカルチェーンは穴場であることが多く、せっかくのチャンスを逃してしまうことになります。

高利益のお宝商品に出合えることもあるので、取りこぼしのないようにグーグルマップでも確認しておきたいですね。

2:カテゴリーが違うと一緒に表示できない

カテゴリーが違うとお店を一緒に表示させることができません。
これはかなり不便です。

例えば、「焼肉」と「ファミレス」は一緒に表示できません。
「イオンとドンキを一緒に表示させたい」と思ってもできないのです。

一応アプリ版では「周辺100」という、100店舗まで同時に表示できる機能があります。

徒歩圏内でしか使えない

どうでもいい店舗までごちゃっと表示されてしまうので、徒歩圏内でしか使えません。

3:オフラインモードがない

オフラインモードがなく、ネット回線に接続されていないと使えません。

地図アプリではオフラインモードがあったりしますが、ロケスマではそういった機能はありません。
ネット回線に依存しているので、郊外の店舗だと読み込みが遅かったりします。

今時ネットにつながらない場所の方が少ないので、そこまで気にしなくていいでしょう。

4:店舗の登録ができない

店舗を登録したり、まとめたりすることができません。

位置情報はロケスマからそのままグーグルマップで開けますので、店舗登録はグーグルマップの方でしましょう。

まとめ

ロケスマはとっても便利ですが、ちょっとした弱点があります。

1:ロケスマで一通り調べる
2:グーグルマップで最終確認

こういった使い方が基本になるでしょう。

グーグルマップも便利ですが、ロケスマと両方使うことでお互いの弱点を補えます。
ぜひ使ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました