【初心者講座】その3:店舗せどりは仕入れが命!アプリとツールはこれで決まり!

ネット

店舗せどりではツールが非常に重要です!

ツールなしでは仕入れができません。
使い方次第で売り上げや収益が大きく変わってきます。

しっかりマスターしてガッツリ稼ぎましょうね!
この記事では僕が実際に使っているものを全部公開します。

「でもお金がかかるんでしょ?」

いいえ!
今回紹介するツールはすべて無料です。

~この記事で解説するもの~
・「モノレート」アマゾン転売に不可欠
・「アマコード」店舗せどりの必需品
・「アマゾンセラー」アマゾン公式アプリ
・「ロケスマ」お店探しにとっても便利

・「グーグルマップ」仕入れルートの確認に必須

なんと、せどりに必要なものは全部タダなのです!

信じられませんが、事実です。
最初は僕も驚きました…

それではさっそく見ていきましょう。
もう知ってるから何が売れるか教えて!という方はこちら↓

アマゾンせどりで売れるのはこれだ!利益商品を大公開!

せどりツールと使い方

モノレート

アマゾン転売に不可欠!

アマゾンの商品がいくらで売れたのかを期間別にみることができるサイトです。
(画像クリックでサイトに飛びます)

これがないと何もできません。
もちろん無料ですので、お気に入りにブックマークしておきましょう。

せどりの仕入れで一番大事なのはこの3つ。

・商品がいくらで売れるのか?
・どれくらいの頻度で売れるのか?
・利益はいくらなのか?

もし1万円の利益が出る商品があっても、1年で1つしか売れなかったら意味がありません。それよりも1つ100円の利益が出る商品が毎日売れる方がはるかに価値があるわけです。

比べてみましょう。

商品A:利益は1つ1万円 1年で1こ売れる
商品B:利益は1つ100円 毎日1こ売れる


↓1年後

商品A:1年間の利益 1万円×1こ=1万円
商品B:1年間の利益 100円×365こ=3.65万円


差は歴然ですね。

せどりでは「利益がいくらで、どれくらいの頻度で売れるのか」ということが、どれだけ大切か分かっていただけましたか?

売れるか分からない商品を仕入れることほど恐ろしいものはありません。
続きは長くなったので別記事で解説します。

モノレートの詳しい使い方はこちらから↓

アマコード

店舗せどりの必需品!

アマコードはスマホアプリです。
カメラ機能を使って、商品のバーコードを読み取ることができます。

Amacode - セラー専用リサーチツール
Amacode – セラー専用リサーチツール
開発元:Trust Effort, Inc.
無料

posted withアプリーチ

使い方はアプリを起動してバーコードを写すだけ。
それだけでこんなことができてしまいます。

・アマゾン価格の表示
・出品者数の表示

・利益計算
・モノレートへのリンク

メールアドレスの登録が必要な以外、広告なども一切出ません。

iOS、AndroidのどちらでもOK!
iPadでも特に問題なく使えました。

詳しくはこちら↓

アマゾンセラー

アマゾンの公式アプリです。

仕入れ中に出品制限や危険物かどうかを確認するのに使います。
商品検索だけでなく出品も出来ます。

Amazon Seller
Amazon Seller
開発元:AMZN Mobile LLC
無料

posted withアプリーチ

~アマゾンセラーで分かること~
・出品制限かどうか
・危険物かどうか

アカウントによっては出品制限がかかっていることがあります。

対象はCDやDVD、特定のメーカーの家電やおもちゃなど。
残念ながら2019年以降に出品アカウントを登録した人はCDとDVDの出品ができません。

僕も出品不可です(泣)

レジに行く前にこのアプリで確認しましょう。
使い方はこちら↓

ロケスマ

お店探しにとっても便利!

地図上にお店を表示してくれるサービスです。
ウェブサイト版とアプリ版の両方でサービスを展開しています。どちらも無料。

(画像クリックでサイトに飛びます)

ロケスマ
ロケスマ
開発元:Digital Advantage Corp.
無料

posted withアプリーチ

ロケスマは地図上に

・お店の場所
・営業時間
・駐車場の台数
・公式ページへのリンク

を表示してくれます。

「それってグーグルマップでもできるよね?」と思ったあなた。その通り。
しかーし、ロケスマの方が楽に検索できるんです!

クリックやタップの手間が少なく、「店を探す」ということに特化したつくりになっています。
グーグルマップがベースになっているため使いやすく、ルート検索も簡単にできます。

詳しい使い方はこちら↓

都会はエグイよ…

グーグルマップ

仕入れルートの確認に必須!

東京や大阪でもない限り、移動は基本的に自動車になるでしょう。
徒歩や自転車よりも荷物をたくさん積める反面、小回りがききません。

特にバイパスなどでは反対車線に回り込むのでも一苦労。
信号待ちや通勤、帰宅ラッシュで思わぬ時間を取られてしまうこともしばしば。
せっかくの時間がもったいないです。

店舗せどりの基本は以下の2つです。

・短時間でどれだけ利益商品を見つけられるか?
・いかに無駄なく動くことができるか?

せどりは時間との戦いです。

出発する前に店舗周辺もしっかりチェックして、あなただけのルートマップを作成しましょう!

唯一使っている有料ツール「プライスター」

せどりでは無駄なお金を使わない。
それが僕のポリシーです。

FBA納品の段ボールすら買った事がありません(2019年7月現在)

だってお金稼ぐためにせどりやってるのに、ムダ遣いするとか「?」って感じですもん。
なので基本的に無料ツールで済ませています。

しかしたった1つだけ、お金をかけているものがあります。

「プライスター」という有料ツールです。

プライスターは利益計算や自動価格改定を行ってくれるツールです。

他の出品者が値下げをした時、事前に設定しておいた内容に従って自動で値下げをしてくれます。

ブラウザ上で動くため、インストール不要です。
windowsやmac、iPadやandroidタブレットでも大丈夫です。

僕はせどりを始めたばかりの頃、

「有料ツールは絶対に使わないぞ!お金の無駄!!」

と思ってました。その決意はとても固かった。
でも今は使っています(笑)

有料ツール否定派だった僕がなぜ使うことになったのか。

それはFBAを始めたから。
正直なところ、FBAで月収5万超えた辺りからキツかったです。

せどりで月収10万以上を目指すならプライスターをおすすめします。
別にプライスターじゃなくてもいいですが、いつか有料ツールを使う日が来ると思います。
本気でせどりに取り組むなら避けては通れぬ道です。

「有料ツールって何ができるの?」
「個人情報は大丈夫?」
「元は取れるの?月額4800円の価値はあるの?」


色々疑問があると思うので使ってみた感想を別記事にまとめました。
こちらからどうぞ↓

まとめ

どうでしたか?

ではさっそく店舗せどりに出かけましょう。
「習うより慣れ」実践あるのみです!

タイトルとURLをコピーしました